La maison-musée Maurice Ravel

すっかりパリも寒くなり、冬の気配がやって来ました。
バカンス明けから早速コンサートや美術館に行き、芸術を堪能しています。

68D706DA-BBE9-41F3-A84C-CDDE3B0E8C96

 

今オルセー美術館でピカソの特別展があります。

E819CF5D-14BA-4D3B-B7C5-9DB2EB7277A3

中々日本でもお目にかかれない、伊藤若冲展も見に行き日本の美と細密な描写に感動しました。

0986AC84-BBAD-469E-AC5B-B8C81F3A9D70

オランダにあるゴッホ美術館へも行きました。
フランスで描いた物は殆どオランダへ持って来られたそうで、パリやアルル時代に描いた作品が沢山あり、ゴッホがフランスで色々な人の影響を受け作品のタッチが変わって行く様子が良く分かりました。

6FC504BC-C221-49F3-8F7D-97407EE50BC2

そして、最近の素晴らしい出来事はラヴェルの家へ行けた事です。

ラヴェルの家はパリの郊外にあります。部屋一つ一つの特徴を美術館の方が説明して下さり、何だかラヴェルとお友達になれたような感覚になりした。

6F99A3EF-A8A8-4552-B969-E8D092A9A939

ラヴェルの家は撮影禁止ですが、庭の写真は許可を頂きました。
バルコニーから見える素敵なこの景色が気に入り、向こうの山の方まで良く散歩したと言います。庭には紅葉や松も植えてあり、どこか日本らしさを感じる事が出来ます。

その当時、芸術家の間では部屋に浮世絵を飾ったり日本らしいオブジェなど置く事が流行って居たそうです。そう言えばモネの家にも浮世絵がありました。

ラヴェルは身長が低かった為、地下へ降りる階段はとても狭く、部屋にはお気に入りの香水や数々の置物が丁寧に並べられていました。

また壁紙を自分で描いたり、壁紙と椅子の柄を揃えたりと美的センスも素晴らしくとても素敵なお家でした。

書斎では当時のロシアの作曲家、ストラヴィンスキーやチャイコフスキーなどを聴いたり、ジャズが好きで良く聴いていたそうです。
ガーシュウィンともアメリカ演奏旅行の際に友達になったそうで、そう言われて見ると、ラヴェルの作品にはどこかジャズらしさを感じる作品もあります。

また、ボレロを作曲したエピソードとして似たようなモチーフをずっと続ける作品を作って欲しいと依頼を受けて作曲したそうですが、モネの大聖堂の連作や蓮の連作にもインスピレーションを受けていると言うことで、同時代の絵画からも影響を受け芸術はどこかお互いに共鳴し合っていると言う事を感じました。

そしてピアノの部屋へ行くと、ピアノの上はまた素敵なオブジェが沢山置かれていました。ラヴェルは蓋を開けずにオブジェがガタガタとするのを気にせず練習していたそうです。

ピアノは19世紀を代表する、フランスのエラールです。本当は許可を取りに市役所へ行かないと弾けないそうですが、少し弾かせて頂きました!ラヴェルが弾いていたピアノに触れるなんて!

美術館の方は音はメタリックだと説明されて居ましたが、タッチは軽く、少し触れると音が広がって行くようなピアノでした。
当時の音のイメージに少し近づく事が出来ました。

作曲中の楽譜を隠すクローゼットがあったり、部屋の細部にこだわり、色々なオブジェが丁寧に飾られているのを見ると何だかラヴェルという人の人間性がリアルになり、また曲の見方が変わって来ます。

本当に素晴らしい経験となりました。

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

Concours

ウィーン旅行の前は近所のパリ地方音楽院(CRR)で子供のコンクールを聴きに行きました。

このコンクールはある程度の音楽歴がないと予選に出られないコンクールで、ヨーロッパ中から様々な国籍の方が参加しています。私が聴いた10歳から13歳の部は難易度の高い選曲をしていて、聴き応えがありました。

出演者がどのくらいの年齢で、どんな選曲をするかプログラムも買いました。

C17BF0B0-6852-4060-BF74-A0272A4982AD

丁度聴きに行った部は、凄くレベルが高くラッキーでした。子供なのに音色にも気を配り豊かで、テンポは安定していて、良く歌っています。

審査員がすぐ近くに居るのですが、フランスのコンクールで面白いのは、審査員が良い時とダメな時、すぐに反応するので分かりやすいです。

フランスに限った事で他の国は分かりませんが、叩いたような音を出すのを嫌います。キラキラした音もあまり好きでは無さそうです。そうすると、作曲家に対する理解が浅いと取られるのだと思います。

私自身も音色の選び方に関しては今までの癖もあり、まだ勉強する事が多々あります。グランプリを取った13歳のポーランド人の男の子が、ショパンを物凄くショパンらしく弾いていて、作曲家を良く理解しているなと参考になりました。

小さなピアニストと言いたいくらいの完成度の高さです。また来年も聴きに行きます。

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

Vienne

先日、念願のウィーンへ行きました。ウィーンと言えば、モーツァルトやハイドン、シューベルトが活躍した街。ベートーヴェンも21歳からウィーンへ移住しました。

226CC8D6-AFF7-44F5-9E2F-A17BFB05EB4Bウィーンではハプスブルク家から音楽や芸術が栄えた。そんな印象を持っていました。実際は、思った以上に音楽が盛んで音楽家が集まる街だったという事を肌で感じました。

ブラームスも29歳から亡くなるまで、ショパンやシューマン、リストも一時的にウィーンに住んでいたようです。それは美術館のパンフレットや展示されている写真を見て気付きました。作曲家が本当に居たんだ!この2人はこんな繋がりがあったんだ!

作曲家が実在したと言う事を実感出来、同じ空気を感じられた事が何よりの宝です。ウィーンに行った事によって、作曲家に少し近づけた気がします。

4DFCF912-BC91-4A0E-B884-A0A898A55948

今回は一番行きたかった、ベートーヴェンのハイリゲンシュタット遺書の家を訪ねました。耳の状態が悪化したベートーヴェンはこの家で弟宛てに遺書を書きます。

この遺書には、自分は耳が聞こえずどん底の状態だったが音楽よって引き戻された。まだ自分には書かなければいけない音楽があると言う切実な思いが書かれています。実際、この遺書を書いた後素晴らしい曲をどんどん作曲します。

94C3F009-5A20-4920-AAAB-C167E1F4708D

交響曲第9番を作曲したと言われる、近くのホイリゲ(酒場)へも行きました。

6909CB77-8221-4D52-97AF-ECAACC2E3154

ベートーヴェンが良く散歩をしていた、ベートーヴェンの散歩道。ここで自然の美しさと静けさに耳を傾け、交響曲「田園」の構想を練っていたようです。近くのハイリゲンシュタット教会の鐘の音は殆ど聴こえて居なかったようです。実際の散歩道は、次回行ってみようと思います。

512D7355-78ED-40C1-BAD9-6FD293E77D73

ベートーヴェンの時代のウィーン式フォルテピアノ。ペダルが5つあり、音域は今より半オクターヴ狭いです。どんな音がするかは1階のCDで聴けます。

25D8E2F4-628F-47F5-ABAF-621D256D8240

ベートーヴェンの自筆譜が沢山展示されています。(写真が撮影可能と不可の物とあります)上手く行かないと思うと楽譜をめちゃくちゃに丸めたり、ぐちゃぐちゃと上から殴り書きしたり、兎に角気性の荒い人だったようです。ベートーヴェンの人生には沢山の苦脳がありましたが、弟や甥カールの面倒を見たり、情に厚い人であった事は音楽を聴くと、その暖かさからも良く分かります。

シューベルトもブラームスも、ベートーヴェンを敬愛していました。

この他にも、骨から音を伝える補聴器の音、ベートーヴェンがコーヒー好きであった事、昔は抗生物質のような働きをする鉛を傷に塗って病気になり、肝硬変で亡くなった事、デスマスクなど展示されています。
ベートーヴェンの魂を感じました。

496754DF-6E2B-43AF-8E07-9409C30152D9そして、ヨハンシュトラウスIIのアパートも行きました。

ヨハンシュトラウスはベートーヴェンと対照的に、洋服や髭はいつも最新のスタイルにしていました。
ピアノはべーゼンドルファー、音域も現代の物と同じ88鍵ありました。オルガンやヴァイオリンも弾き、作曲する時は座らないそうで、素敵な専用の机もありました。楽譜も凄く綺麗でした。

449239FF-4C0C-4456-982B-F18E453C4472

ヨハンシュトラウスⅡとブラームスです。この写真は感動しました。本当にウィーンに住んで居たんだ。実在してたんだ。

ウィーンにはまだまだ音楽家なら是非訪れたい場所が沢山ありますので、また定期的に行きたいと思います。

 

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

Examens de fin d’année /年度末試験

日差しが強いこの頃です。
先週は毎日の様に、音楽院の年度末試験を聴きに行っていました。
エコール・ノルマルは徒歩6分のご近所と言う事もあり、常々行きたいと思っていました。

5CC7D77F-BA64-4606-97AD-AC82D068A2B1

試験内容は45分程のプログラム、最後は協奏曲をその場で何楽章か指定されていました。と言う事は実際は、試験で弾く以上の曲を準備をしていたと言う事です。

ノルマルの生徒さんは日本人と中国人が沢山いました。真面目にきちんと練習されていて、テクニックは本当にもの凄いのですが、何人か聴かせて頂いた印象としては、日本人は性格上、どこか音楽も遠慮がちな様子でした。外国人の中に入ると遠慮がちに聴こえるというのが、新たな発見でした。

53AA2FE6-170A-45CE-82E8-0B42156E8009そうすると今度は、ヨーロッパの学生はどんな演奏をするのか聴いてみたくなり、19区のコンセルヴァトワールCNSMへ試験を聴きに行きました。

ここは世界中から優秀な方が集まって来る有名な学校なのですが、パリに来たばかりの頃は、この学校の入り口へ続く橋すら渡れなかった自分が、中へ入り試験を聴く程図々しく成長したとは驚きです。

もう、今度にしようとか恥ずかしいとか言ってる場合ではありません。警備員の人に色々質問されましたが、試験は聴講可能と言う事でした。

C056F1F8-1327-4C17-90D9-335EA6D2403E

ピアノの試験は既に終わってしまい、クラヴサン(ドイツ語でチェンバロ)の試験を聴きました。

一番左にあるのは、フランス式の2段の音域が狭いチェンバロ、2段でもう少し音域が広い右のチェンバロではバッハやフランソワ・クープランを演奏し、もっと後の時代になると真ん中の一段のチェンバロと、曲のスタイルや時代によって3つのチェンバロを使い分けています。

バッハのイタリア協奏曲は大型のチェンバロの為に書かれたので、真ん中の楽器で弾くのでしょうか。
途中で鍵盤を動かしていたのは、恐らくピッチを変えていたのだと思います。

古楽では、モダン楽器とピッチが違い少し低くなります。またチェンバロは楽器や歌の伴奏をする事も多いので、その場合はモダン楽器と同じピッチで弾くのだと思われます。

チェンバロの音は本当に繊細でした。通常はピアノ程表現が付けられない楽器ですが、CNSMの生徒さんは凄く表現豊かに演奏していると思いました。何か音を伸ばしたり、和音のアルペジオを弾くタイミングを微妙に変えたりしている気がします。

このように、当時その時代で弾かれていた楽器の音を聴くと、作曲家がイメージしていた音の世界を感じ取る事が出来ます。
そうすると現代の楽器で演奏しても、作曲家毎に音のイメージを変えるという事が可能になりそうです。もっと作曲家に近づく為に古楽の楽器の音を聴きたい。

CNSMの試験では、他にもピアノフォルテやオルガン、それからバロック音楽には欠かせない通奏低音の試験も公開されているので来年は是非聴きに行きたいです!

今回の試験で感じた事は、フランスでヨーロッパの人の演奏を聴くと、テクニックはそれ程でもなくても凄く魅力的、素敵だな。と思う演奏が子供のコンクールでも良くあります。一体自分達と何が違うのか考えてみたのですが、ヨーロッパの人は真面目に練習する以外にも、一流のコンサートや美術館など芸術に触れる機会が日常にあり、表現したい物のイメージがはっきりしているような気がします。
今回のように、よしチェンバロ聴こう!作曲家の家に行こうと思えば割と簡単に行ける訳です。

そして、はっきり自分の意思を伝えるという事は音楽を演奏する上でもとても大切な事だと思うようになりました。
バカンス中は感性を高める為に、色々な所へ図々しく出掛けて行きたいと思います。

 

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

Chapelle Royal /シャペル ロワイヤル

もうすぐバカンスですね。バカンスの時期になると、普段出来ない事をやって見ようと色々とアイデアが浮かんで来ます。

そんな中、ずっと行ってみたかったヴェルサイユ宮殿のシャペルロワイヤル、王の教会に行って来ました。

03A66966-E0F8-4556-8992-84E14AE46E57ヴェルサイユ宮殿内の豪華な歴史ある教会で、宗教音楽を聴いてみたいと常々思っていたのですが、夜遅くなる為躊躇していました。

(結果的に、夜遅くRERに乗るのが心配な場合はpont de seversまでのバス171番が出ていました。)

素晴らしく豪華な教会で年間プログラムもクープランのテネブレやラモー、バッハのロ短調ミサ曲やモテット、マニフィカト、フランスバロック時代に活躍した作曲家でなかなか聴く機会がない曲もプログラムに取り入れたりと、教会で聴くという事に特化していてお薦めです。

DD85AAC3-E3E7-4849-B423-A157583630F4今回はモーツァルトのレクイエムとトゥールーズで活躍していたジャン・ジルのレクイエムを聴きました。

モーツァルトの曲は殆どが明るく、長調で作曲されているのに対し、レクイエムは死者の為のミサ曲だけあり珍しく暗い曲です。
モーツァルトはこの曲の途中、続唱のラクリモサ(Lacrimosa)を書いて亡くなってしまいました。その続きは弟子のジュスマイヤーが補作したそうです。

全体的には重々しい曲ですが、所々にモーツァルトらしい美しい、優しい旋律があり、後半はモーツァルトのレクイエムを完成させようと苦労が目に見えるようです。

01698016-9C46-4BE3-AD54-4A205CE5F677

オルガンも金で輝いています。ここでフランスバロックの作曲家がオルガンを演奏していたのですね。

E1A0F74D-D9C0-4287-A656-C074160554DF

兎に角magnifique!としか言いようのない素晴らしい教会でした。これを機に宗教音楽を沢山聴きたいです。パイプオルガンの演奏会も行きます!

F864B600-8AD3-4EB9-9D3B-C46EB6EC1FCE

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

Audition et Opéra Royal

6月の勉強会が終わりました。新しい生徒さんも加わり、いい緊張感の中で勉強会が出来て居たと思います。
アップライトのピアノをお持ちでない生徒さんには、勉強会の前はst lazareやgare de l’estのピアノで弾いておくように伝えてあるのですが、私も偶然、勉強会の日の朝に人前で弾くチャンスがありました。

いつも通る近所の道が歩行者天国になり、ザウターのグランドピアノが置いてあったのです。これは丁度いいと思い、前の女性に退いて頂き自分が弾きました!
あっという間に人が20〜30人集まって来て下さって、いい勉強になりました。
パリではこのように、道や駅にピアノがありご自由に弾いてと言うような事があるので不思議ですね!

0A2DD7D9-EC19-4635-8CBC-13D5A6FBB535

勉強会では、いつも忙しく写真を撮る時間がありません。代わりに生徒さんから頂いた素敵なお花を載せます。
今回は連弾も少しプログラムに入れましたが、また試行錯誤しながら勉強会が楽しくなるよう、工夫したいと思います。

4E52FCE7-12CC-4F23-88F8-03C2BFD37821

そして次の日は、念願だったヴェルサイユ宮殿のオペラロワイヤルへ行きました。

E4401373-6D48-4DDF-B11E-A5E373FF1117

ここでルイ14世が貴族とオペラやコンサートを楽しんでいたと言う事で、一般人は入れなかった場所ですので、非常にありがたく見学をしました。
今回はルイ14世にちなんでリュリのオペラを聴きましたが、マリーアントワネットの先生であったグルックや、ラモーやクープランも演奏したでしょうし、エネルギーを感じました。

CA4931B2-6070-4497-AF86-7809DE1A3837

ここはルイ14世専用のLoge du Roiです。

 

426A8091-6FBD-4E65-A540-60208C2E8D11

Loge du Roiからは全体を見渡せる構造になっています。
オペラロワイヤルは水色と金を基調として、シャンデリアや鏡があり、いかにもルイ14世と言った印象でした。
もうすぐコンサートシーズンも終わりますので、今月はサン=サーンス、ヘンデルのオペラ、月末にはシャペルロワイヤルも行く予定です。
シャペルロワイヤルの事についても、また記事を書きたいと思います。

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

Royal Concertgebouw

勉強会まであと少しとなりました。

今日は人生初めてロイヤルコンセルトヘボウ管を聴き、感激のあまり興奮気味です。
忘れないうちに感想を書こうと思います。

EB0658D7-ADCB-49C5-82F9-992D2BD1104F

ロイヤルコンセルトヘボウ管はアムステルダムが本拠地で、ベルリンフィルやウィーンフィルと並び世界3大オケと言われています。
指揮はイタリア人のダニエレ・ガッティが2016年から常任指揮者を務めています。
今日は良い席に座ったせいか、指揮をする様子が臨場感溢れる感じで伝わってきました。このホールは客席が舞台を取り囲むような設計になっている為、場所に寄ってはまるで自分が舞台に溶け込んでいるような感覚になれます。

6338E7B9-ED52-491F-894A-00D1107047E4

ダニエレ・ガッティは舞台の上でかなりの存在感を発揮していました。決してテンポが速い訳ではなく、うっとりしたり、びっくりしたり、弦楽器を弾く真似をしたり、まるで少年のように目を輝かせ、楽しそうな指揮でした。
指揮の仕方が重いような表現の時もありましたが、重いのではなくきちんとしたテンポの中で歌い上げるという感じでしょうか。
歌い方はイタリア人ならではなのかも知れないです。
そしてコンセルトヘボウ管はロイヤルと言うだけあって、何て上質な気品溢れる音を出すんだろう!しかも、オケの音色やタイミングが細かいリズムまでぴったり揃っています。

ピアノはダニール・トリフォノフのプロコフィエフ3番でした。このプロコフィエフの協奏曲はかなり有名な曲で、学生の時に試験で弾いてる人も居ましたし、何度も聴いて聴き飽きたと思っていたのですが、今日は出だしから新鮮でした。まずトリフォノフが出てきたところから驚きました。

少年のように、早くピアノが弾きたい!という感じで走って出てきたのです!そして走って出てきた割には、テンポはそんなに速くはなく、凄くワクワクするような楽しそうな音を出したのです。
感情が先走るのかと思いきや、非常に厳格な枠の中で作品の良さを引き出している感じです。そして、リズムが凄く軽やかです。この曲ってこんなにワクワクする曲だったのかと、そして最後は爆発する曲かと思っていましたが、気持ちが作品の枠から溢れ出る事が無くリズム感から誘導される感じでした。最後までリズムが曲をコントロールしていました。

演奏を言葉で表わすのは難しいですが、確実に言える事は、ダニエレ・ガッティもトリフォノフも、何て楽しそうに演奏するんだろう!

私もこんなに嬉しそうにピアノが弾きたい!

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

ようやく春

Bonjour
4月になりました。今年の冬は長く厳しいものでしたね。
雪が何度も降り、ヨーロッパの大寒波でマイナス10度の時もありましたし、流石に風邪を引いてしまいました。

ですが、コンセルヴァトワールのAUDITIONを見に行ったり生徒さんがコンクールのファイナルへ進んだり。

67C8643A-BD95-4467-98CA-FDA5BA06EE02

あの雪が物凄く降った次の日も、パリの地下鉄は通常通り動いて居ましたので、アルゲリッチとミーシャマイスキーの室内楽も聴きに行けました。

最近一番凄かったコンサートはメゾソプラノ歌手のバルトリさんとカウンターテナーのジャルスキーが出ていたヘンデルのオペラALCINAです。

3827D9D7-D5C4-4B22-B376-40814F164B46

世界トップレベルの方の歌声が生演奏で聴けて、かなりの幸運でした。

来月辺りからはベートーヴェンを沢山聴く予定です。ベートーヴェンは生徒さんもソナチネなど初期の作品を弾いていますし、ヨーロッパの人もベートーヴェンが好きな人は多いと思います。
まだ自分も中期の一番凄かった34.5歳以降のソナタなどはきちんと弾いた事がないのです。
それ以降の後期の作品なぞは技術的にも難しく、何だか遠い存在で弦楽四重奏も最近聴いた程でした。

ベートーヴェンは20代で耳が聴こえなくなり始めたので絶望や苦悩もあり、性格も気分の波が激しく、でも情に熱い人だったに違いありません。
何しろ中期の音楽は特に感情に訴えて来るものがありますので、色々生演奏聴いてみたいと思います。

FD322CCE-FE0D-4A3A-968F-ED3A785D9AEE

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

今年の目標

1月も半ばを過ぎましたが、今年も宜しくお願い致します。

今年はブレンデルのマスタークラス聴講から始まり、シフ、キーシン、バレンボイムのソロコンサートへ行きました。

どれも素晴らしく、勉強になりましたが、バレンボイムのソロリサイタルが最も衝撃でした。

IMG_0844

何が素晴らしかったのかと言うと簡単に説明出来ません。言葉で語れる程単純な事ではなく、色々な感情が同時に混在する、正に音楽でした。

コンサートへ行くと、音が綺麗、柔らかい、フォルテが素敵だ。など何かいい要素を、見つけようとするクセがあるのですが、それは音だけであって音楽ではありません。

音は重要な要素の一つではありますが、音楽は楽しさや悲しみなどの感情、リズム、テクニックなど全てが同時に混在しています。全てに注意を払い、それが統合してるんだと言う事を感じました。
そして今回は、音楽が始まる最初の一音から最後の一音まで聴いている方も集中力が途切れる事が無く、息をする音も出せないくらいの緊張感でした。

それと同時に、なぜ音楽を聴いたり勉強しているのか。という事を後から考えたのですが、それは私にとって人間的成長の為、また人生を豊かにする為です。楽しみの為でもあります。

それは生徒さんにも言える事だと思います。

今年は、ピアノを弾いている時いかに雑念を払って音楽に集中するかという事が目標です。音楽を演奏する時、いかに日常を忘れるか。意思を持ってピアノを弾くか。すぐに上手く出来るとは思えませんが、このコンサートで感じた事を目標にします。

IMG_0849

Posté dans Non classé | laissez un commentaire

勉強会 AUDITION

街がクリスマスらしくなってきました。
先週勉強会を開催しまして、この半年で生徒さんは人前で弾く力が随分ついてきたなと感じました。

演奏からは音楽が好きという思いが伝わり嬉しくなりました。やはり母国語がフランス語というのは音楽のフレーズの捉え方が自然です。

日本の生徒さんも真面目にきちんと取り組んでいる様子が伝わり、それぞれの良さがあり、お互いに刺激のある勉強会となりました。

準備や進行が沢山あり、勉強会の写真を一枚も撮れないのが残念です。

IMG_0718

11月は久しぶりに日本へも行きました。
日本に居ると何もかもがスムーズに進み、本当に便利でした!
ただ、何故か行事を詰め込み過ぎ、世の中が回るスピードも早く、何だか1日があっという間でした。

IMG_0678

パリに戻り早速、バッハのクリスマス・オラトリオのコンサートにも行きました。

祝賀的で明るい雰囲気のオラトリオで、ヴァイオリンとチェロの掛け合いが2声のフーガのようだったり、オーボエとソプラノとバスのシンフォニア、合唱やコラールもあり多声音楽の真髄を垣間見た気がします。しかし、私はモテットもカンタータもまだ聴いた事がない。自分の弾くバッハは何て薄いんだろう。

来年はマタイ受難曲も聴きますし、ブレンデルのマスタークラスの聴講やロイヤルコンセルトヘボウ管、バイエルン放送交響楽団のコンサートもあります。

いい音楽を沢山聴き、表現の幅を広げたいです。皆様、楽しいクリスマス、年末年始をお過ごし下さい。

Bonnes Fêtes

IMG_0716

Posté dans Non classé | laissez un commentaire